2012年08月30日

病院内を闊歩する「取り立て屋」

ビジネスの論理が行き過ぎたアメリカ医療の影

日比野誠恵
ミネソタ大学ミネソタ大学病院救急医学部准教授

 突然、ミネソタ大学病院の親会社であるフェアビュー(Fairview)社のCEO(最高経営責任者)から、何やら深刻な文面の電子メールが届きました(おそらくは全職員に)。フェアビュー社とその債権取り立て業務(クレジット・コレクター)を担当していたアクレティブ・ヘルス(Accretive Health)社が、患者に対して恐喝まがいの強硬な支払い要求を行い、患者のプライバシー侵害を含めて法律違反の疑いがあり、ミネソタ州司法長官のローリー・スワンソン氏が調査に乗り出したことを告げる文面でした。この事実はミネアポリスの新聞である「スタートリビューン」にも大きく掲載され(4月25日付)[1]、追って事実上のアメリカの全国紙である「ニューヨークタイムズ」も報道しました(4月29日付)。続きを読む