2013年06月27日

鳥インフルエンザとSARSの意外な共通点

本橋京子
ラッフルズジャパニーズクリニック(心療内科/漢方外来)勤務医
東京女子医科大学附属東洋医学研究所非常勤講師

 2013年3月30日、中国上海市と安徽(あんき)省で鳥インフルエンザH7N9が発生し、3人の死者が出ました。

 当初は急速に感染が広まり、パンデミック化も懸念されましたが、5月上旬になると上海では終息の局面を迎え、元気になって退院していく患者や、入院中の患者にきめ細かい心理的ケアを施す医療従事者の姿が地元テレビに映し出されていました。5月28日に北京で新規感染が確認された後、新たな症例は報告されていません。6月9日までの累計で、中国全土の感染者は130人、死者は39人となりました。感染拡大に目を光らせていたわれわれ邦人医療関係者も、今はホッと胸をなで下ろしているところです。続きを読む