2013年08月28日

バッドニュースを患者にどう伝えるか

末期癌患者とのかかわりでGPは何ができる?

小林孝子
ビーンリー・ロード・メディカルセンターGPフェロー

 GP(general practitioner)の診療には、原発癌や再発癌を早期発見する最前線という側面もあります。癌の見逃しはクレームや医療訴訟の原因として最も多いものの一つということもあり、非常に責任の重いポジションです。一方で、癌発見後の患者のケア、家族のケア、痛みの治療、緩和療法・緩和ケアなどを通して、患者とのつながりや信頼関係を築くこともできます。時には患者の内面を垣間見ることのできる点で、やりがいも大きいと言えます。続きを読む