2013年09月27日

ドイツの医師の懐はなぜ寂しいのか

ドイツの医師の報酬とワークライフバランス Vol.1

馬場恒春
ノイゲバウア-馬場内科クリニック(デュッセルドルフ)

 ドイツの医療は日本の医学教育と医療制度の“創世記”に深く影響を与えました。しかし、医師の報酬とワークライフバランスについては、ドイツと日本は独自の歩みをたどってきました。

 内科医である家内は、知り合いの日本人から「お金があるのに質素」と言われ、「なぜ医師はお金持ちだと思うのでしょう?」と困惑します。日本で暮らす私の心優しい妹も、私たちが広い住居で裕福な生活を満喫しているものと勘違いしているようです。もっとも、かく言う私もドイツに来て「えっ!」と驚いたのは、医師に対する報酬の低さだったのですが。

 その唖然とするような現状を、今回から3回にわたってご紹介します。続きを読む

2013年09月25日

アンジェリーナ・ジョリーの選択

内野三菜子
国立国際医療研究センター病院放射線治療科


 少し前のことになりますが、女優アンジェリーナ・ジョリーが予防的両側乳房切除術・乳房再建術を受けたという一件が話題を集めました。そこで、筆者の放射線腫瘍医という立場から、プリンセスマーガレット病院での経験を踏まえ、彼女の選択の背景事情を含めて、お話ししてみたいと思います。続きを読む

2013年09月24日

DNA、pink ladyとオーストラリアの病院で言えば?

オーストラリアGPからの挑戦状(医療英語)解答編

小林孝子
ビーンリー・ロード・メディカルセンターGPフェロー

 前回の「オーストラリアGPからの挑戦状」、医療英語クイズの解答編を始めます。いずれもオーストラリアの臨床現場で頻繁に出てくるフレーズで、オーストラリア独特の表現もあります。まずは設問から振り返ってみましょう。続きを読む

2013年09月17日

右も左も“APP”

日比野誠恵
ミネソタ大学ミネソタ大学病院救急医学部准教授

 今回は「APP」について書きたいと思います。と言っても、スマートフォンのアプリのことではありません。こちらの医療界でAPPと言えば、“advanced practice provider”。医師から独立して医療行為を行うことができる各種の医療専門職を指すのが今や一般的です。少し前までは“mid-level provider”と呼ばれていたphysician assistant(PA)やnurse practitioner(NP)のことです。nurse anesthetistやnurse midwifeを含むこともあります。続きを読む