2013年09月27日

ドイツの医師の懐はなぜ寂しいのか

ドイツの医師の報酬とワークライフバランス Vol.1

馬場恒春
ノイゲバウア-馬場内科クリニック(デュッセルドルフ)

 ドイツの医療は日本の医学教育と医療制度の“創世記”に深く影響を与えました。しかし、医師の報酬とワークライフバランスについては、ドイツと日本は独自の歩みをたどってきました。

 内科医である家内は、知り合いの日本人から「お金があるのに質素」と言われ、「なぜ医師はお金持ちだと思うのでしょう?」と困惑します。日本で暮らす私の心優しい妹も、私たちが広い住居で裕福な生活を満喫しているものと勘違いしているようです。もっとも、かく言う私もドイツに来て「えっ!」と驚いたのは、医師に対する報酬の低さだったのですが。

 その唖然とするような現状を、今回から3回にわたってご紹介します。続きを読む