2013年12月24日

贈り物百景

内野三菜子
国立国際医療研究センター病院放射線治療科

 最初にお断りします。医師を含むすべての医療スタッフは、患者に対して医療行為を提供するに当たり、プロフェッショナルとしてベストを尽くす。「心付け」とされるもののあるなしによって、その姿勢が変わることはありません。プロフェッショナルに対する敬意さえ頂ければ結構で、患者側におかれては物品や金銭による心付けの類について一切気遣いをされませんよう、お願いいたします。このことを大前提とした上で、今日は「心付け」のお話をしたいと思います。続きを読む