2014年01月15日

フェラーリをあきらめて博士課程へ…

川口 敦
アルバータ大学(Stollery Children’s Hospital)小児集中治療クリニカルアシスタント
同大学公衆衛生大学院博士課程疫学専攻

 2013年の夏から、私は疫学分野の大学院生となりました。

 このKUROFUNetの執筆者の中にも、日本国外の大学や大学院を舞台に学んだり研究したりという方がいますが、国内であれ海外であれ、学生となるためにはまず学費の確保が大きな問題になります。日本であれば学生は学業の合間を縫ってアルバイトに励むのでしょうが、海外ではどうでしょうか?

カナダの学費は相対的に割安とはいうものの…
 北米のレジデンシーあるいはフェローシップの一部には、修士号や博士号を臨床研修修了時にセットで取得できるようプログラムされたものもあるようです。そうでない場合は、学生生活にプラスアルファで臨床業務をこなし、学費を稼がなければなりません。とはいえ、外国医学部の卒業生が学生として北米に渡っても、すぐに臨床の仕事が確保できるわけではありません。

 そのため、日本に一時帰国して稼ぐ、蓄えを取り崩す、主任研究者(principal investigator;PI)としてのグラントや奨学金でなんとかする、あるいは時間はかかるものの現地で臨床研修を修了し、有給ポジションを得て稼げるように計画するしかありません。家族がいれば、資金面でのハードルはさらに高くなるでしょう。

 国や州、そして学部やプログラムのレベル(博士、修士、学士など)によってかなりばらつきがありますが、大雑把に言って学費の面ではアメリカが抜きん出て高く、イギリスがそれに続き、カナダやオーストラリアはこれらの国に比べてかなり割安になっているようです。

 平均して、カナダの医系大学院生の年間学費は7000〜8000ドルほど(日本円で70〜80万円程度)になります[1]。当然、このほかに教科書代などもかかりますので、学費の総額としては少なく見積もって年に1万ドル程度は見ておかなければなりません。

 博士課程の医師学生の多くにとって、それまで築いてきた地位や役職を捨てて学生へ転じると、収入も大幅に減ることになるので、相対的に年間5万ドル余りの「損」をするなどという数字も出てくるわけです[2]。無事に4年間で卒業できたとしても約20万ドルの「損」になり、その分でフェラーリも買えてしまう計算になります。また、少なくとも社会医学系の博士課程を修了したとしても、その後に就職または起業して大きな金銭的見返りを期待することは現実的ではないので、やはり「買い損ねた」フェラーリを手にすることは難しいのです。

 博士課程に進学して周りを見ると、多くの学生は奨学金を申請するか、既に受給が決まっています。あるいはPIのグラントから研究補助者として給料をもらいながら(※)学生生活を送っています。当然、ティーチングアシスタントやアルバイトをしながら、という学生もいます。私のように非常勤で臨床業務をしている学生もいますが、私の専門である疫学分野に至っては、医師をバックグラウンドに持つ学生は本当に限られています。

「ドクターがどうしてドクターになろうとするの?」
 プログラムの長さですが、修士課程(Master of Public Healthなど)については、多くのアメリカのプログラムが1年〜1年半ほどで修了できるのに対して、カナダではほとんどのプログラムが1年半〜2年を最短としています。博士課程については、いずれも4年を最短とするプログラムが多いようです。ですので、多少の費用はかさむものの、時間の節約を考えてカナダ人医師の中にも研修期間を終えた後などに1年間臨床から離れ、アメリカへ修士留学する人もいると聞きます。

 最近では、歴史のある有名プログラムでも遠隔コースなどを設けているところが出てきているので、レジデントをしながら「ちゃちゃっと」修士号を取得してしまう要領の良い人もいます。ただ、遠隔コースでは最低条件としてスクーリングに参加できるだけの時間が確保できる、融通の利く職場環境(レジデンシー/フェローシップ)にいなければなりません。そのため、日本で仕事をしている場合は容易なことではないかもしれません。

 では、海外では何人くらいの人が博士号を取得しているのでしょうか? 少し古いデータですが、2000年代後半の資料では、医歯薬保健系博士号取得者は、日本では年間約7000人、アメリカでは6000人ほどとなっています。人口比を考えると、日本の人口当たりの年間の医歯薬保健系博士号取得者はアメリカの数倍に上る計算です。若者の人口割合を考えると、さらに多くなるでしょう。イギリスの医歯薬保健系博士号取得者は年間2500人ほどですし、ドイツに至っては桁が1つ小さくなります[3〜5]。

 各国の経済状況や学生の就職環境、研究環境も多分に関係するでしょうが、いずれにせよ日本では医歯薬保健系博士号取得者が先進国中でもずば抜けて多いという事実が見えてきます。これらの数字からも、医師を含む臨床従事者が博士課程に進学すること自体、海外ではいかにまれなことであるかが想像できるでしょう。私もこちらの上司や同僚から「ドクターがどうしてドクターになろうとするの?」などと、からかい交じりに何度も尋ねられたものです(そのわけは、別の機会にお話ししたいと思います)。

 確かに、そのような疑問にも理解できる部分はあります。こちらの大学病院でスタッフになれば、基本的に日本に比べて十分な研究時間と給料が手に入るので、わざわざその地位を捨ててまで進学して博士号を取る必要性がないわけです(契約内容にもよりますが)。さらに、サバティカルで年単位の有給休職期間が確保でき、そこで一気に研究を進めることもできます。

 つまり、「研究を進める」という目的では、博士号の取得を選択肢に入れなくてもかまわないのです。ただ、カナダでも臨床から距離を置いて、ピュアなアカデミアにおいてキャリアを築いていくためには、博士号は依然として「最低限必要な」肩書きのようですが。

 学費の工面などいろいろと難しい部分もありますが、自分が学びたい分野でベターと思われる教育・研究環境が海外にも見つかるようなら、海外大学院への留学もキャリアパスの選択肢に入れておくといいかもしれません。

※ アメリカとカナダでは、多くのグラントにおいてPIの位置付けが異なる。カナダでは、学生自身がPIとして応募できるグラント数が非常に限られている。

【References】
1)Statistics Canada:University tuition fees,2012/2013.
http://www.statcan.gc.ca/daily-quotidien/120912/dq120912a-eng.htm
2)Steven DL,Stephen JD:Freakonomics:A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everything,William Morrow Paperbacks,2009.
3)National Science Foundation:Foreign Science and Engineering Students in the United States,2013.
http://www.nsf.gov/statistics/infbrief/nsf10324/
4)Association of Faculties of Medicine of Canada:Enrolment in Graduate Studies & Post-doctoral Studies and Degrees Awarded in Medical Sciences in Canadian Universities 2001/02‐2009/10.
http://www.afmc.ca/pdf/Trends.pdf
5)文部科学省:学位取得者の専攻
http://www.mext.go.jp/b_menu/toukei/001/08030520/003.pdf
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104685590
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック