2011年08月11日

「引っ越すんだって? じゃあ、飛行機で通える?」

エクランド源稚子
ペディアトリックス・メディカル・グループ新生児専門NP
ヴァンダービルト大学看護大学院新生児NP講座クリニカルインストラクター

 前回は、私がアメリカで看護学部に入学することになったいきさつを簡単にお話ししました。当時から長い年月がたち、私は今、 新生児集中治療専門のナース・プラクティショナー(nurse practitioner;NP)をしています。NPの資格については、近年日本でも議論の対象になっていますが、アメリカでは1960年代半ばからあるものです。簡単に言えば、看護の教育を受け、実践を積んだ看護師が、さらに大学院レベルで様々な専門分野に関する医学的教育を修め、看護のバックグラウンドを大切にしながらも診察や治療に携わるという職務です。

 新生児NPは、新生児専門医と連携しながら、主にNICUや一般新生児室の患児の診療を行っています。また、医師が同伴しない搬送などでも第一線で診療に当たります。さらには、看護教育にも深くかかわっています。

 私が現在所属している新生児医療グループは、医師が9人、新生児NPが15人からなるチームで、複数の病院の新生児医療を担っています(*注)。グループの事務所はテネシー州ナッシュビルにあり、私たちが新生児医療を担っている病院は、すべて中部テネシーに位置しています。

wakako_20120313.jpg
【新生児NPとしてNICUや一般新生児室で診察・治療に当たる筆者。】

夫の突然の転勤で…
 6年前のことです。夫の転勤があって、ルイジアナ州の北部に引っ越しをすることになりました。ナッシュビルからは750kmくらい離れた場所です。

 当然、職場を変える必要があると思っていました。ところが、新生児専門医でチームのディレクターであるサミーは、ここで思いもかけないことを言いました。「あっちに行っても、飛行機でここまで飛んで来られるようなら、辞めないで続けてもらえるよね」。

 この言葉をきっかけに、ルイジアナ州とテネシー州の間を頻繁に飛ぶ生活が始まり、もう6年。月に1〜3回、一度行ったら、大体72時間以上は働いています。

 新生児NPの仲間は全米のあちこちに散在していますが、こうした通勤のパターンで就業を継続している人はあまりいません。ただし、過疎地では新生児NPが十分に確保できないため、一時的にほかから遠征を頼む病院や新生児医療グループはあります。例えば、フルタイムの新生児NPであるサウスダコタ州の友人は、2カ月に1度ほどミネソタ州の病院へ飛んで、週末勤務をこなしています。

NPレジデンシーで運命のボスとの出会い
 話はさらにさかのぼって、 サミーがディレクターを務める新生児医療グループに私が所属するまでのいきさつをお話しします。

 2002年の夏、私はナッシュビル市内のヴァンダービルト大学の看護大学院で新生児NPレジデンシーの最中でした。全ての臨床研修をヴァンダービルト大学病院のNICUで行っていましたが、あるとき、「もし、あなたの研修担当となってくれる新生児NPがいるのなら、複数の病院でハイレベルの新生児医療を体験した方がいい」という助言を受けました。確かにそうだと思った私は、同じ市内にあるセンテニアル・ウーマンズホスピタルのNICUで長く働く新生児NPのキャシー(その時点で、複数のNICUで15年以上のキャリアを持っていました)に連絡を取ってお願いしたところ、快く受け入れていただきました。センテニアルでの研修は、ヴァンダービルトでの研修とはカラーが違っていました。

 当時60床のヴァンダービルト大学病院では、毎朝6時頃にNICUへ出向き、当直の小児科レジデントから報告を受けた後、自分の担当患者の診察をしてオーダーを書いたりしていました。その後、小児科レジテントたちと並んで、アテンディング(指導医)や新生児科のフェローらと患児のベッドサイドを回ってラウンドを行うという環境でした。

 アテンディングは、患児の担当のレジデントが医師であろうがNPであろうが、お構いなしに、病態や治療に関する質問を投げかけてきます。新生児で痙攣を起こしたために他施設から送られてきた患児のベッドサイドでは、「新生児が痙攣を起こす要因として考えられるものを可能な限り挙げてみなさい。1人ずつ順番に。ワカコは最後」と言うのです。心臓が凍り付きそうでした。このときは幸いにも何とか答えることができたのですが、医師の教育カリキュラムに一部乗り入れていたNPのカリキュラムでは、必死の勉強が求められました。

 一方、当時40床のセンテニアル・ウーマンズホスピタルでの臨床研修は、メディカルスクールとの連携がなくて研修医もおらず、学習環境としての雰囲気は違っていました。ただ、医師も新生児NPもNPレジデンシーに対して理解が深い方々で、多くを学ぶことができました。

 そして一番大きな出会いが、冒頭で紹介したサミーだったのです。当時、ここのメディカルディレクターを務めていました。サミーの人柄のおかげか、医師も看護師もNPも互いにファーストネームで呼び合うようなアットホームな職場で、新生児NPの活躍を強く支援する雰囲気もあったので、私はここが大変気に入りました。

辞めるしかなかったはずが…
 センテニアルでの研修を終えて卒業を目前に控えた時期、残念ながら、私は乳癌の告知を受けました。ですから、仕事に就くことは当面断念せざるを得ませんでしたが、化学療法や放射線療法をこなしながら試験勉強をして、新生児NPの資格試験に合格することができました。このときに、「良くなったら就職活動をしよう」という夢を持つことができたのは本当に幸いでした。

 2003年の春、化学療法がまだ数回残っているという頃でしたが、サミーがディレクターを務める新生児医療グループの新生児NPのリーダー、パティさんから連絡があり、「フルタイムのポジションではないけれど、私たちは新生児NPを必要としている。ぜひ、面接に来ませんか?」というお話をいただきました。癌の治療中でまだウィッグも取れなかった私に声をかけてくれたのは、驚き以外にありませんでした 。すぐに面接に出かけました。

 サミーはいつものスクラブを着て、ニコニコしながら部屋に入って来ました。そして、まず私の健康を気遣ってくれた後、こうおっしゃいました。「ワカコが良くなるのを僕たちは待っていたんだよ。去年の夏の実習で君に会ってから、絶対にうちに来てほしいと思っていたんだ。われわれのグループでNICUを担当する病院が増えることになって、新生児NPの数を増やしたい。週2日勤務でいいから、体とも相談しながら力を貸してくれないか」。感激を通り越して涙腺が完全に崩壊しそうになった私は、5日前に受けたばかりのアドリアマイシンやサイトキシンで気分がすぐれないことも忘れ、夢中になって将来のことを話しました。

 それから丸2年働いた頃、先に述べたように、ナッシュビルからルイジアナ州北部へ引っ越すことになったのです。 このとき、家族と一緒に引っ越す以外の選択は考えられず、私は自分が本質的にキャリア志向ではないと知りました。職場は離れがたいものでしたが、単身赴任をして週末に帰るという方法も、時間と費用を考えると無理でした。

 決意を固めた私がサミーに別れを告げに行ったとき、返ってきたのが「じゃあ、飛行機で通う?」という言葉だったのです。「旅費のサポートはするから、クリエイティブなスケジュールを考えて、まとめて働くことを検討してみて」。

 サミーらしいのは、夫とちゃんと相談して、どれくらいまで家を離れると家族にとって無理な負担になるのか、考えてきてほしいと言ってくれたことです。「家族の構成が変わって、家の中の模様替えをしないといけないときがあるでしょ。今もそんな感じだよ」と言ってニコニコしていました。

 飛行機通勤をすることになるなんて、それまで考えたこともなく、様々な偶然の巡り合わせの結果でした。ただ、サミーをはじめとする仲間たちに「750kmの距離を越えてでも一緒に働き続けてほしい」と思ってもらえたことは、本当にうれしく思います。飛行機通勤は時につらいこともありますが、これからもできる限り続けていくつもりです。

*注:独立した開業医グループが医療施設と契約を結び、その施設で診療を行う形態で、グループ内のスタッフはグループと雇用契約を結んでいる。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54422955
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック