2011年10月26日

ラッフルズジャパニーズクリニック誕生(その1)

ルー会長、私の話を聞いてくれ!

大西洋一
ラッフルズジャパニーズクリニック院長

 日本人が在留している多くの国で日本人コミュニティーが存在しますが、シンガポールにおけるコミュニティーも連帯感が強く、職種を超えての密なお付き合いがあります。様々な業界からの「代表者」がコンパクトに集結していることも、とても魅力的です。日本では単なる普通の医師の1人に過ぎなかった私も、シンガポールの医療業界で働く日本人医師の「代表者」として、コミュニティーに参加することができました。

 商社や金融関係の方、現地法人の社長として会社を任されているような立場の方などのお話は、私にとって全く知らない異世界を垣間見させてくれるもので、非常に刺激的でした。また、日本からも大学教授など多くの医療関係者の訪問を受けました。

 日本で医師をやっていると、医療業界以外の知り合いというものがなかなかできません。今思うと、非常に狭い世界で仕事をし、生活していたと思います。おそらく私が日本で診療を続けていたら、こういった方々との出会いも絶対になかったことでしょう。これらの交友関係は、後に私の仕事にも大きな影響とチャンスを与えてくれました。

20120802_onishi_1.jpg
【ラッフルズジャパニーズクリニックのオープニングセレモニーにて。写真左からルー会長、槙田在シンガポール日本国大使(当時)、浅見靖子事務長(当時)、筆者。】

日本よりはるかに快適なシンガポール生活
 シンガポールでは、家族を含めて大変満足のいく生活が送れます。治安も衛生面も申し分ありません。夜遅くまで飲み歩いても安心してタクシーに乗って帰れますし、女性1人でも夜の街を歩けます。水道水も飲用できるし、「ガーデンシティー」と呼ばれる街はよく手入れされた緑に囲まれ、道に落ちたゴミもわずかなものです。

 一般的に、日本人の駐在員はコンドミニアムと呼ばれるマンションに住んでいて、しっかりとしたセキュリティーシステムがあり、ガードマンも24時間常駐していて、部外者は敷地内に入ることすらできません。住居は天井が高く開放的で、間取りも日本のマンションとは比較にならないくらい、ゆったりとしています。シンガポールは常夏の国なので、どこのコンドミニアムもプール付きで、子どもたちは1年中プールで遊ぶことができます。そのほか、テニスコートやスポーツジム、バーベキューピットなどもたいてい敷地内にあります。

20120802_onishi_2.jpg
【自宅のあるコンドミニアム敷地内のプール。】

 シンガポール人は夫婦共働きが普通なので、住み込みの外国人メイドを雇用したり、子どもは託児施設や幼稚園に預けるのが一般的です。外国人メイドは控えめな賃金で雇用できるし、託児施設や幼稚園の選択肢も非常に豊富です。日本人の家庭でも利用しているところは珍しくなく、駐在員の奥様方は家事と育児から解放され、スポーツや社交に精を出すことができます。

20120802_onishi_3.jpg
【自宅にて。写真左から妻、長女、インドネシア人のメイドさん、筆者。】

 基本的に生活必需品の価格は安く、タクシーや電車、バスなどの交通機関の料金も同様です。居住者の4人に1人は外国人という国なので、世界各国の品物が流通していて、もちろん日本の品物もたいていのものは手に入ります。国自体がコンパクトなのでどこに行くにも便利で、空港も近く、近隣諸国への海外旅行も簡単に行けます。

 熱帯にあるシンガポールに対して、「雨が多くて蒸し暑い」というイメージを持たれている方も少なくないと思います。しかし、雨はザーッと降ったらすぐに上がってしまい、1日中だらだらと降っていることはあまりありません。暑さに関しても、街に緑が多く、小さな島国ということもあって心地よい風が吹き渡り、思いのほか過ごしやすいです。近年の真夏の東京のゆだるような暑さに比べると、シンガポールのほうがずっと快適で、ほっとするぐらいです。

 そのようなわけで、家族共々、「(医局からの派遣予定の)2年と言わず、できればもっとこの国にとどまりたい」という思いが日に日に強くなっていきました。当時は、漠然とした思いながらも、「このまま任期を延長してもらい、しばらく日本人会診療所に置いていただこうか」とも考えていました。

 あくまでも自分の勝手な願望でしたが、「誰か現地の有力なスポンサーでも見つけて、日本人向けのクリニックを自分で開業できたら面白いのに」と思ったりもしました。かといって、何かを具体的に調べてみたり、行動を起こしてみたりしたわけではなく、空想の域を出ることはありませんでした。

ついに自分もヘッドハンティング?
 シンガポールでの生活も1年が過ぎたある日、自宅から職場までの途次で建設工事が始まったことに気づきました。現場の前を車で毎日通り過ぎながら、「何ができるのだろう?」と思っていたところ、やがてそれがホテルやオフィスビルではなく病院であると分かりました。

 「ほお、ずいぶんと立派な建物だなあ。こんな病院で働けたらいいのに。この病院のオーナーに話を付けて、ここで開業できたら最高だなあ」などと、勝手な思いにふける私(シンガポールの多くの民間病院は、オープンシステムと言って、病院施設内に開業医がテナントとして入居する形を取っています)。だんだんと建物は完成に近付いていき、やがて看板が掲げられました。“Raffles Hospital”―。これが私とラッフルズホスピタルとの初めての出合いでした。

20120802_onishi_4.jpg
【1976年設立のラッフルズメディカルグループは、後に医療機関として初めてシンガポール株式市場に上場するほどに発展しました。20以上の診療科を有する200床のラッフルズホスピタル(写真)と60軒を超えるクリニックを国内で運営するほか、香港や上海でも外国人に対応できるクリニックを展開。2010年度の売上高は2億3912万シンガポールドル(約160億円)に達しています。】

 あるとき、「ラッフルズメディカルグループ(RMG)がラッフルズホスピタルで日本人患者を受け入れるために、日本人の医師を探している」との話が耳に入りました。それも意外なところからです。

 当時シンガポールには、日本人会診療所のほかに民間の日本人向けクリニックが2軒ありました。そのうちの1軒で最も患者に人気があることで有名だった医師が私の友人で(日本人会診療所に赴任してから、同業者ということで知り合いました)、そこから情報がもたらされたのです。何でも、RMGから彼に打診があり、RMG のルー・チュン・ヨン会長に会いに行くことになったとのこと。ヘッドハンティングです。

 結局のところ、彼は面接には赴いたものの、話はまとまらなかったようです。彼によると、当時のRMGの構想は、病院の中に日本人デスクのようなものを置いて、そこに日本人医師と看護師、事務員をそろえ、一般診療に当たるというものでした。「医師1人で始めるのでは何かと不都合が生じるので、当初から2人体制で臨みたい」と彼は主張したそうですが、「まずは1人から」というRMGと意見が合わなかったようです。

 余談ですが、その友人は現在、私と一緒に上海のラッフルズジャパニーズクリニックで働いています。8年の歳月を経てRMGのメンバーとなったのです。

 話は戻って、今度は、先の友人とは別の日本人向けクリニックで最も患者に人気のある医師が、RMGから声をかけられました。彼も面接に出向きましたが、結局は同じ点を巡って折り合いが付かずに引き上げてきたそうです。

 この2人の話を聞いた私は、「次はいよいよ自分の番か」と心待ちにしていました。ところが、一向に声がかかる気配はありません。残念ながら、私は無名の存在だったのです。

さあ、突然にメールを送り付けよう!
 そのうち、RMGが日本の医師向けの雑誌に公募の広告を出したとの話を聞きました。もう時間がありません。駄目でもともと、自分からRMGに接触を試みることにしました。最初に面接に行った友人の仲介で、ルー会長宛てにメールで打診してみたのです。

 「私は、ものすごくいいビジネスプランを考えている。ぜひともラッフルズホスピタルで日本人向けクリニックを開業したい。私の話を聞いてほしい」。書いたのは、ただこれだけです。すると、RMGから「会長が面談をするので会いに来てください」との返事が来ました。とりあえず、第一関門突破です。

 どこの馬の骨とも分からない人間が、「話があるから聞いてほしい」と送り付けたところで、上場企業の会長が普通は会ってはくれないでしょう。そんな常識(?)にとらわれないのがルー会長の懐の広さなのですが、彼に限らずシンガポール人には一般にそういうところがあります。

 シンガポール大学病院やシンガポール総合病院など、公的病院で働く日本人医師や医療従事者の私の知人の中にも、何のつてもないのに、インターネットで調べた教授や病院責任者のメールアドレスにメールを出したら「会いに来い」と言われ、願いが受け入れられて働くことになったという人たちがいます。シンガポールのお国柄なのか、外国人に対して非常にオープンなのです。

 シンガポールでは外国人医師でも手続きさえ踏めば臨床を行うことができます(自国の医師免許と一定の臨床経験年数を持ち、TOEFL〔Test of English as a Foreign Language〕やIELTS〔International English Language Testing System〕、OET〔Occupational English Test〕の一定の点数で英語力を証明し、雇用先があれば、必要書類をそろえて免許が取得可能)。研究ではなく臨床をやりたい人には好都合です。そういった希望を胸に秘めている方がいれば、思い切ってシンガポール大学の教授にメールを出してみてはいかがでしょうか。

 このようにして、ルー会長との面談が突然に決まりました。実際にどんな面談となったのかは、次回お伝えしたいと思います。

20120802_onishi_5.jpg
【シンガポール名物のマーライオンとオフィス街。マーライオンの後ろに見えるのは、郵便局の建物を改装したフラトンホテルです。】
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57387623
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック