2012年04月27日

クリニック開業はSARS禍の中

大西洋一
ラッフルズジャパニーズクリニック院長

 これまで10年間シンガポールで診療をしてきた中で最も大きな事件は、なんといっても重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行でした。2003年4月のことですから、この流行は皆さんもよくご記憶のことと思います。この全く新しい感染症は中国に出現し、瞬く間にアジア地域に広がって、香港で大流行した後シンガポールへも飛び火。多くの犠牲者を出して、社会的混乱を招きました。

 わがラッフルズジャパニーズクリニックが開業したのは2003年1月。まさに開業した矢先にSARSの流行に見舞われたわけです。後発の日本人向けクリニックとして開業したので当初の知名度は非常に低く、これから口コミで大いに患者を増やしていかなければならないという大事な時期でした。

SARSが怖いから病院には近づかない
 病気が流行すると、罹患したかもしれないと心配する人がたくさん病院に押し寄せるのではないかとお考えの方もいるかと思います。実際はその逆で、大した症状でもないのに迂闊に病院へ行ってSARSをうつされてはたまらないと、誰も病院には寄り付かなかったのです。

 わがクリニックを開いたのは、大病院の中の一角。しかも当時は、感染者はシンガポール人にしか出ておらず、日本人にはいませんでした。ですから、日本人向けクリニックに行くのならば、病院とは独立していて、日本人のみしか出入りしないクリニックで受診した方が感染リスクは低いわけです。

 こうしたわけで、開業間もないわがクリニックは、ますます日本人患者から敬遠されていったのでした。いきなり死活問題です。しかも、SARSはいつ終息するかも分からず、先行きが全く不透明な状態。いつまでクリニックを続けられるのか、非常に不安な日々でした。

 いろいろ考えを巡らせた末、苦肉の策として、ラッフルズメディカルグループのクリニックの一角を借りて、そこで臨時に診療を行うことにしました。シンガポール人が出入りする施設であることには違いありませんが、感染リスクは大病院よりはましと考えたのです。とはいえ、ただでさえ知名度のないクリニックが場所を移動しての間借り診療です。患者が来るわけがありません。1週間に2〜3人も来ればよい方という悲惨な状況でした。今思い出しても、あのころほど1日が長く感じられたときはありません。

シンガポール政府の徹底した(ちょっと行き過ぎた?)対応
 SARS流行時のシンガポールの病院の状況についてちょっとお話ししましょう。まず、医療者の側も患者の側も診察にこぎ着けるまでが一苦労でした。

 病院の出入り口は一方通行に規制され、それぞれの出入り口は入り口専用と出口専用に分けられています。いつもの癖で向かった先は出口専用だったりして、わざわざ裏手に回らないと建物内に入れません。患者の中には、無理やり出口から入ろうとして、ガードマンと押し問答を繰り広げている人もいました。

 患者が病院に入るときは、入り口で問診票を書くよう要求されました。サーモスキャンカメラも設置されていて、体温がチェックされ、熱があればもちろんそのままでは入れてもらえません。入り口付近の屋外には臨時の待合室と診察室が設けられ、問診や体温チェックで引っかかった患者は、そこで医師の診察を待つことになります。

 赤道直下のシンガポールで屋外の待機は結構つらいものですが、つらさは医療スタッフのほうが大きかったと思います。スクリーニングを行うスタッフも、診察を担当する医師も、ディスポーザブルの帽子、マスク、ガウン、手袋、足袋の完全防備です。ただでさえ蒸し暑いシンガポールで一日中この格好でいるのは、かなりの重労働だったでしょう。

 当然、日本人の患者も例外ではありません。同じ手続きを踏まないと建物内に入れないので、熱のある患者に対しては仕方なくわれわれも屋外の診察室で診療を行いました。

 当時のシンガポールの病院はどこもこういった感じでした。SARSが流行るや否や保健省が打ち出した対応方針に、全ての病院が従ったわけです。病院だけではありません。空港や港、陸路での国境などでもスクリーニングは徹底していました(写真1、2)。医療機関関係者は日に3回の検温を義務付けられ、全職員に政府から体温計が配られました。熱があったら自宅待機です。医師が複数の病院で掛け持ち診療することも禁止され、一つの病院にしか出入りが許されなくなりました。

20121008_onishi_1.jpg
【写真1 シンガポールとマレーシアの陸路国境に設けられたスクリーニングポイントの看板。】

20121008_onishi_2.jpg
【写真2 写真1の現場におけるスクリーニングの様子。】

 医療関係者の後には、全世帯に対して体温計が配られました。学校や会社でも検温が行われた結果、微熱でも自宅待機となったり、基礎体温がもともと高い子どもが全く元気なのに登校できなくなったりと、社会問題にもなりました。

 香港などSARS発生地域への渡航歴がある人、SARS患者との接触歴がある人は、すべて隔離(自宅待機、または人のいない公団住宅やホテルなどに収容)されました。隔離中は食事が届けられ、定期的な検温と報告が義務付けられます。その上で、抜き打ち的に電話が1日数回かかってきて、外出していることがバレれば、刑罰が科せられたそうです。ちょっと行き過ぎた対応と思われる部分もありましたが、シンガポール政府の本腰の入れ具合は日本政府にも見習ってもらいたいものでした。

 当時は日本でも空港などでの水際対策や病院での対応方針が盛んに議論されていましたが、シンガポールの決断力や行動力とは比べ物にならないくらい、お粗末な印象を受けました。実際、シンガポールではSARS感染例および発症例のほぼ全てについて感染経路の詳細が明らかになっています[1]。その報告書を見たとき、シンガポール政府は大したものだと思いました。

対応に苦慮する企業向けにSARS勉強会、結果的に…
 こうした状況の中、現地日本企業の間でも「社員とその家族の健康を守るためには会社としてどういった対策を取るべきなのか」が大きな関心事となりました。ただでさえよく分からない新しい伝染病で、一般の人には新聞くらいしか情報源がありません。企業の総務担当者は皆さん、対応に苦慮していました。社員とその家族を一時的に全員引き上げた企業もあったくらいです。わがラッフルズジャパニーズクリニックにも「どのような対策を講じればよいのか」という相談の電話が、日本企業からかかってくるようになりました。

 当時、わがクリニックでは私ともう1人の医師が勤務していましたが、彼の専門はまさに感染症でした。クリニック自体は患者が全然来なくて暇だったので、その時間を利用して、彼はあらゆる情報網を駆使してSARSに関する最新情報を入手し、それを一般の人にも分かりやすいようにまとめ、クリニックのウェブサイトやメールマガジン、講演会で使う資料に載せて周知を図りました。

 さらに、電話による個別対応ではなかなか大変だったので、問い合わせを受けた企業の方々を招いて、クリニックでSARSの勉強会を開くことにしたのです。SARSの基礎知識にとどまらず、シンガポールにおける流行状況、各人が予防上注意すべきこと、疑わしい症状が出た場合の企業レベルや家庭レベルの対処法などについて、説明しました。

 やってみるとこれが非常に評判よく、話を聞き付けた他の企業の方から再度開催の要望がありました。そうこうしているうちに、やがてシンガポールの日本商工会議所から声がかかり、「ぜひ会員企業向けに講演会を開いてほしい」と頼まれました。在留邦人や日本企業の役に立つなら…ということでお引き受けし、日本人会のボールルーム(舞踏室)に企業の担当者300人余りを集めて講演会を開催することになったのです。

 後から考えてみれば、これがわれわれの転機でした。開催直後はもちろん情報提供に対して大変感謝されましたが、直接に集患に結びつくものではありません。しかし、だいぶ後になってSARSが終息に向かうころには、わがクリニックの名前は日本企業の間にだいぶ知れ渡り、おかげで来院してくれる患者も増えてきたのです。特に総務担当者に名前が売れたことで、企業からの健康診断の依頼が一気に増えました。

デング熱で“一安心”
 SARS流行による混乱の中で起こったエピソードを一つご紹介します。

 ある日本商社の駐在員が、高熱と倦怠感を主訴に日本人会診療所を受診。普段なら真っ先にデング熱が疑われるところですが、数日前に出張で海外渡航歴があったためにSARSの疑いが出てきました。診察を担当した医師(私の後任=医局の後輩)は、保健省が通達に示した手順通り、この患者をタントクセン病院(写真3)に紹介しました。

20121008_onishi_3.jpg
【写真3 SARS流行時に大活躍したタントクセン病院(Tan Tock Seng Hospital、感染症専門の公立病院)。】

 当時、SARSおよび疑いの患者は全てタントクセン病院に集められました。この病院はSARSで一躍有名になりましたが、そのために、一般の人々は誰も周辺に寄り付かなくなりました。すぐそばにあるショッピングセンターの営業には、かなり影響が出たそうです。実際、この病院では懸命にSARSと闘った医師をはじめとしてスタッフ数人が命を落としており、その賞賛されるべき活躍は今に語り継がれています。

 このタントクセン病院に紹介された日本人患者ですが、海外渡航歴はあっても明確な接触歴がないので、SARSの可能性は非常に低いという診断を受けました。とはいうものの、高熱があるのでどこかの病院へ入院が必要だということで、ラッフルズホスピタルへ紹介となりました。

 SARSの可能性は低いといっても、ゼロではありません。ラッフルズホスピタルとしては細心の注意を払って患者を搬送し、独立した空調設備の付いた陰圧室に入れました(ラッフルズホスピタルには陰圧室が2室ありました)。当時、日本では陰圧室のある病院が少なくて、SARS患者が発生したときにどこに入院させるかが話題になっていたと記憶しています。

 数日後、この患者は血液検査からデング熱と判明。関係者一同ホッとしました。デング熱で一安心というのも変な話ですが、状況が変われば受け取り方も変わるものです。ちなみに、この患者が勤める会社の支店長は、ゴルフの最中に社員入院の報を受け、「わが社から日本人のSARS患者第1号が出てしまったか」と、非常に肝を冷やしたそうです。

 あの忌まわしいSARSの流行も今となっては思い出話ですが、6年後、まるで当時を再現したかのような出来事が起こりました。皆さんのご記憶にも新しい、新型インフルエンザH1N1の流行です。このときのシンガポールの政府、病院および一般の人々は要領を得たもので、多少の混乱はあったものの、他国に比べれば迅速かつ沈着冷静な対応でした。

【References】
1)CDC:Severe Acute Respiratory Syndrome―Singapore,2003.MMWR.2003 May 9;52(18):405-11.
http://www.cdc.gov/mmwr/preview/mmwrhtml/mm5218a1.htm
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58970504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック