2012年11月13日

“You should come!”と言わなきゃ、他科の医師は来ない

小林孝子
ビーンリー・ロード・メディカルセンターGPフェロー

 日本人ほど英語にコンプレックスを持っている民族は少ないのではないかと思います。教材は星の数ほどあふれているのに、どうして話せないんだろう…。私もそんなふうに思っていたうちの1人でした。オーストラリアに住んで15年たった今でも英語は苦手です。ただ、最近になってその理由がだんだんと分かってきました。

「とりあえず」のお願いでは通らない
 私が英語に関して最もストレスを感じていたのは、救急部でレジデントをしていた頃でした。入院が必要な患者がいたら、該当する診療科のレジストラー(専門医になるトレーニング中の医師。医師になって4〜9年目に当たる)に連絡して診察を頼むことはレジデントの仕事です。

 例えば、80歳の女性が転倒して足首を骨折したため救急受診。X線写真で脛骨のかなりのdisplacement(ずれ、変位)が認められる。こういったときは、整形外科のレジストラーに電話をして診察を依頼しなければいけません。

 しかし、彼らは常に忙しい。手術中でなかなか来てくれないことも多いし、そうでなくとも「受け持ちの患者数を増やしたくない」という意識がどこかにあります。ですから、うまいこと伝えなければ、「入院なんて必要ないから、松葉杖を渡して帰しなさい」「救急部の話なんだから君らの仕事でしょ。そっちで処置して。何日かして来院したら外来で診るから」などと言って、動いてくれないのです。英語が拙かった私にとって、電話口でX線撮影による脛骨骨折の所見と患者の状態を説明し、渋るドクターを救急部まで引っ張ってくるのは至難の業でした。

 最悪なケースは、うまくお願いを伝えられなくて、ため息交じりに「ほかのドクターに電話を代わってくれ」と言われたとき。あるいは、一方的に向こうから指示を伝えられたものの、早口だったり難しい英語だったりで内容を理解できないまま電話を切られ、どうしたらいいか分からずボーゼン。そんなことがたびたびあって、もう自己嫌悪の連続でした。

 後から思えば、うまく行かなかった原因は、私自身、伝えたいことを整理できずにいて、どうしてレジストラーの診察が必要なのか、はっきりと自覚していなかったからです。しかも、自信がないので、“You should come!”ときっぱり言えなかった。「とりあえず」「念のため」「自信がないから」「心配だから」「なんとなく」…、そんな姿勢でのお願いごとは絶対に聞いてくれません。

 先の例であれば、脛骨骨折の位置、複雑骨折や displacement の有無、Danis-Weber 分類で該当する型、患者のバイタルサインや病歴、血液検査の結果などに加え、「低栄養が疑われる」「独居で身寄りがなく、一人で歩けない」「入院してオペが必要」といったことをコンパクトに伝え、電話の向こうのレジストラーに理解させなければなりませんでした。1人の医師として、自信を持って。

 私がレジデントだからといって、レジストラーの医師たちが手取り足取り面倒を見てくれるわけはありません。レジストラーが私の伝えたことを勘違いして「患者を家に帰せ」と指示したとして、その通りに帰した後で病状が急変したら、彼らとしては「レジデントの説明から判断したんだ」となります。責任は私に降りかかってくるのです。そう自覚してからは、救急部に来るたいていの患者については、多少ましに説明できるようになりました。

叙述ができれば世界が広がる
 何でも教育のせいにするのはよくないかもしれませんが、「日本の英語教育は“叙述する(物事の状況などを順を追って説明する)スキル”を教えくれなかった」。このことをしみじみ思います。オーストラリア人は話し好きな人が多くて、どんなに小さなつまらないことも、はっきりと自分の意見を持って、相手の人が興味を持って聞いてくれるように話します。聞いていて、とても引き込まれます。

 例えば、「この間の週末、チャイナタウンに行って、小龍包を食べておいしかった」と言ったとして、たいていの人は“Oh,It sounds good.”と返しておしまいでしょう。「どこのお店?」くらいは聞いてくるかもしれませんが、どうおいしかったのか、どういう小龍包だったのかが最初に説明できていないので、会話が膨らみません。

 一方、“叙述のスキル”を使えば、「チャイナタウンで飲茶して、薄皮に包まれた小龍包を食べたら、噛んだときに中から熱いスープが出てきて、口の中をやけどしちゃった。とってもジューシーで、薄皮を通して中のエビが見える。皮はソフトで、中はぷりぷり。あんなおいしい小龍包は食べたことがなかった。一度行ってみるといいよ」。

 こう言えたら、相手の反応はどうでしょうか? こんなことを英語でスラスラと言えるように、英語教育を受けたかったですね。そうであれば私も、もう少しうまくレジストラーを動かせたでしょうに。

 もちろん、いつまでも「教育されていないからできません」では通りません。英語はコミュニケーションの道具に過ぎず、英語の上達が本分ではありません。本分はあくまで、英語を使って自分の仕事をすることです。道具ですから、使うほどに使い方が上手くなり、使わなければ使い方を忘れていきます。

 道具は目的があるから必要になります。目的がなければ宝の持ち腐れです。オーストラリア人でも、うまく伝えることができずに悩んでいる人はたくさんいます。でも、伝えたいことさえあれば、最初は道具をぶんぶん振り回してでも伝えようとするしかありません。あたかも、言葉を覚えたばかりの幼子のように。

 向こうから話しかけてもらうように仕向けるのも手です。そのためには、自分がどういう人間なのかをアピールして関心を持ってもらう必要があります。自分の研究テーマや趣味、話題のニュース…。何でもいいのです。関心を持たれれば、向こうからああだこうだと話しかけてきます。話しかけてきたということは、「あなたの話も聞いてあげますよ」ということです。道具を使う機会が増えていきます。留学中のドクターの皆さん、今日は何人から英語で話しかけられましたか?

 GP(general practitioner)の仕事においては、患者に分かりやすい言葉で病状を説明する必要があります。胸部・腹部X線写真の所見、心不全の病態、生理不順の理由、抗うつ薬の作用機序、糖尿病の合併症、二分脊椎の成因…。どのように話せばうまく伝わるか、英語版のメルクマニュアル家庭版(The Merck Manual of Medical Information Home Edition)に相談しながら悩んだものです。そうして心を尽くして説明し、ケアを提供した結果、患者さんたちは「またあなたに診てほしい」と言ってくださいます。感謝です。

オーストラリアGPからの挑戦状―あなたならどうする?(2)
 この連載では随時、私が出合った症例をもとにしたクイズを出題し、「あなただったらどう対応しますか?」と、読者の皆さんにうかがっています。答え合わせは次回の記事で。コメント欄へのご回答も大歓迎です。

 初診の56歳女性。「この半年ほど、性欲がさっぱりない」と訴える。夫(58歳)が求めて来ても、応じられない。それを夫からとがめられ、とてもつらく、何とかしたい。セクシーなビデオを観て気分を高めようとしても効果なし。うつ症状は認められず。閉経は50歳で、更年期症状は1〜2年あったが治まっている。子宮癌検診および乳癌検診で異常なし。1カ月前の血液検査でも異常なし。薬の服用もなし。

 性欲の減退以外に特段の症状はない。この問題を除いては夫婦仲良好。子どもは独立している。さて、次の対応は?

(1)中高年のセックスなんてそんなもの。歳なんだから、それが当たり前。旦那さんにも納得してもらって、あきらめるように言って帰す。
(2)性交痛の有無を聞いて、もし痛いようなら、潤滑剤や外用エストロゲン製剤を試してみる。
(3)ストレスの有無やうつ病のチェックをし、もう一度血液検査をして、全身状態のチェックをするように勧める。ストレスやうつ病は性欲減退の主な原因となるため、必要なら抗うつ薬を処方する。
(4)血中のテストステロン値をチェック。もし低かったら、外用テストステロン製剤を試してみる。
(5)セックスカウンセラーにかかることを勧める。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61431488
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック