2013年12月24日

贈り物百景

内野三菜子
国立国際医療研究センター病院放射線治療科

 最初にお断りします。医師を含むすべての医療スタッフは、患者に対して医療行為を提供するに当たり、プロフェッショナルとしてベストを尽くす。「心付け」とされるもののあるなしによって、その姿勢が変わることはありません。プロフェッショナルに対する敬意さえ頂ければ結構で、患者側におかれては物品や金銭による心付けの類について一切気遣いをされませんよう、お願いいたします。このことを大前提とした上で、今日は「心付け」のお話をしたいと思います。続きを読む

2013年09月25日

アンジェリーナ・ジョリーの選択

内野三菜子
国立国際医療研究センター病院放射線治療科


 少し前のことになりますが、女優アンジェリーナ・ジョリーが予防的両側乳房切除術・乳房再建術を受けたという一件が話題を集めました。そこで、筆者の放射線腫瘍医という立場から、プリンセスマーガレット病院での経験を踏まえ、彼女の選択の背景事情を含めて、お話ししてみたいと思います。続きを読む

2012年07月25日

診察室で巻き起こった“国際紛争”

内野三菜子
トロント大学プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科

 私のチーム(乳癌を担当しています)には3カ月ごとにジュニアレジデントがローテーションしてきます。ジュニアレジデントとは、ここで初めて放射線治療に触れる研修医だと思ってもらえればいいでしょう。カナダにおける臨床研修は卒後すぐの時点で自分の専攻を決めて配属に至るというもので、1年目に内科など関連各科を回った後、2年目から自分の専攻科に配属されます。続きを読む

2011年10月11日

「2枚舌」を探せ!

内野三菜子
トロント大学プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科

 カナダは移民の国です。アメリカの移民が「アメリカナイズ」されることに重きを置くように見えるのと比べて、カナダの移民は皆それぞれ自らの文化を守りながら一つのカナダの文化を織りなしていると言えます。“Greater Toronto Area”と呼ばれる、日本で言うなら東京を中心とした「首都圏」に相当するようなエリア(カナダの首都はオタワですから、正確には「首都圏」ではありません)に住む人の約半数は、自宅では英語以外の言語をしゃべっているとされています。続きを読む

2011年06月17日

「このたび、Google先生のご高配により」

内野三菜子
トロント大学プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科


 はじめまして。2009年9月よりトロント大学Ontario Institute for Studies in Educationの修士課程で医学教育を学びながら、2010年1月よりトロント・プリンセスマーガレット病院放射線腫瘍科(=トロント大学放射線腫瘍科)でクリニカルフェローをしております、内野三菜子と申します。

 「医学教育」「クリニカルフェロー」という、ぱっと聞きに医学生や若手医師が飛び付きそうな、いかにも今流行の、そして「何をしているんだろう?」と思われるかもしれない肩書きを私が持つに至った経緯について、初めにお話ししたいと思います。続きを読む