2013年11月12日

日本人は点滴がお好き?

寺川偉温
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

 まだベトナムで働き始めて間もない頃のこと―。イギリス人の40歳代男性が下痢でやって来ました。「昨日は20回以上の下痢をして、今朝もまだ続いている。水分はなんとか摂れているものの、食事は摂れない」という訴えでした。

 身体所見ではひどい脱水の徴候は見られなかったものの、圧痛を伴う腹痛があり、本人も疲弊した様子でした。「この状況なら、点滴すれば症状はかなり楽になるだろう」と考えた私は、日本で診療していたときと同じ感覚で「じゃあ、点滴した方がいいでしょう」と伝えました。続きを読む

2013年05月17日

腹部腫瘍? と思ったら、妊娠していました

ベトナムでおめでた―妊娠編

寺川瑠奈
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

 ベトナムへ移って半年余りが過ぎた頃、私(瑠奈)は自分が太ってきたことを自覚しました。明らかに、以前よりお腹がぽっこりと…。

 「ベトナムの甘いコーヒーを毎日のように飲んで太っちゃったかな?」と思った私は、毎朝の腹筋とヨガトレーニングの実行を自分に課しました。いつもならこれで絞れるはずなのに、このときはぽっこりお腹にまったく変化なし。体調もいま一つ優れず、疲労感も抜けなかったので、おかしいと思って旦那さんに相談したところ、「腹部腫瘍だったら心配だ。エコーをしよう」ということになりました。続きを読む

2012年10月18日

頼れるのは自分だけ、“空飛ぶ医者”のとても長い旅

ベトナム発、医療航空搬送体験記

寺川偉温
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

 “evacuation”という単語をご存知ですか? 日本語に訳すと「避難」「退避」といった意味になりますが、私はこの単語の意味をベトナムに来てから知りました。

 ホーチミンのクリニックでの勤務初日、オリエンテーションの際に、「もし日本人の患者でevacuationがあったら、あなたに行ってもらうから」と言われたのです。「エバキュエーション?」と思いましたが、どうやら話を聞いていると患者を飛行機に乗せて搬送することを指すようでした。クリニックの中で働くだけだと思っていたので、びっくりして「それって、まさか自分が空の上でお医者さんをするってこと?」と聞くと、「もちろん!」という返事でした。続きを読む

2012年07月26日

「調子が悪くなったら日本に帰る」なんて甘い!

寺川偉温
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

 「ベトナムってどこにあるの?」と聞かれて、よく分らない人も結構いるのではないかと思います。日本からは意外と近く、フライトは約6時間。ハワイへ飛ぶより早く着きます。

想像以上に過酷な機内の環境
 ベトナムの医療の状況は、決して恵まれているわけではありません。そのため、こちらで暮らしている日本人には、「近いから、調子が悪くなったら日本に帰ればいいや」と考えている人が結構います。ところが、そう簡単にはいきません。続きを読む

2012年06月28日

身をもって知ったデング熱の恐ろしさ

医師が病気になったとき―「デング熱」編

寺川偉温/寺川瑠奈
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医/同・小児科医

 ベトナムに来て1年半ほどがたったある日の朝、妻(瑠奈)が高熱を出しました。こちらに来てしばしば体調を崩していた私とは対照的に、妻は当地での妊娠と出産を無事に乗り切り、その間も特に調子を崩したことはありませんでした。それなのに、急に高熱が出たのです。特にかぜ症状や下痢を伴わない発熱という点で、嫌な予感がしました。続きを読む

2011年12月28日

ベッド稼働率200%! カオスの中の大病院

寺川偉温
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医

 なぜ、国は豊かにならないといけないのか―。

 インターネット上で見つけた一見単純な質問ですが、意外に奥が深い問いかけのように思われました。ネット上に書かれていた答えは、「(経済的に)豊かになることにより、社会的弱者が救われていくからだ」というもの。日本だとピンとこない方も多いかもしれませんが、まだまだ貧しい国であるベトナムに暮らしている私には、とても分かりやすい答えでした。続きを読む

2011年08月26日

肥満児が闊歩するベトナムの小児科

寺川瑠奈
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン小児科医

 はじめまして。ベトナムのファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミンで小児科医をしている寺川瑠奈と申します。

 日本で今も震災の影響下で辛い思いをされている方々、被災地のために直接・間接にできることを頑張っている方々に、心から応援の気持ちをお送りします。こちらベトナムでもチャリティーバザーなどが開かれています。被災地を思うすべての人たち(もちろん日本人に限りません)の気持ちがベトナム赤十字を通して届けられていることと思います。続きを読む

2011年04月24日

コスモポリタンなクリニックへようこそ


寺川偉温
ファミリー・メディカル・プラクティス・ホーチミン内科医


 ホーチミンの寺川です。前回は、なぜ私たち夫婦がベトナムへ来たかを紹介しました。今回は、ベトナムという国、ホーチミンという都市、そして私の勤務するクリニックについて紹介したいと思います。続きを読む